NEWS

news

「Ko Shibasaki billboard Acoustic Night」開催!

柴咲コウが12/4(日)にビルボードライブ東京、12/11(日)にビルボードライブ大阪にて、2日間で計4ステージのみのスペシャルライブ「Ko Shibasaki billboard Acoustic Night」を開催した。15年6月にリリースしたキャリア初のカバーアルバム『こううたう』をリリースした際は全国10箇所を回るホールツアーを実施したが、今年7月にリリースした2枚目のカバーアルバム『続こううたう』のリリース後は、主演を務めるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の準備と撮影のためスケジュールが取れずに、ライブツアーは断念していた。しかし、柴咲は最初のMCで「年の瀬になって、やり残したことがある気がするなと思って。これはやらなきゃと思い立って、スタッフに相談したら、『やりましょう! 会場探しましょう!! ありました!!!』っていう感じで決まって(笑)、こうして開催に至っています」と説明。

2枚のカバーアルバムからの選曲を中心に、ピアノに元・東京事変の伊澤一葉、パーカッションにゆずのサポートでも知られる若森さちこを迎えた最小編成による演奏で、装飾は排除。真っ赤な果実のようなノースリーブのドレスを纏った彼女は身1つでステージに立ち、リラックスしたムードのなかで全11曲を歌唱。歌の言葉、1つ1つに丁寧に感情を織り込んだパフォーマンスで、プレミアムチケットを手にした観客を魅了した。

笑顔で観客とハイタッチしながらステージに上がった彼女は、ライブのオープニングに爽やかなアップテンポのポップナンバー「白いカイト」(My Little Lover)をチョイス。音源ではワタナベシュンスケに任せていた口笛も自身で披露し、客席からはクラップとともに大きな拍手も上がった。さらに、柔らかなファルセットが特徴的な「ただ泣きたくなるの」(中山美穂)、近年の彼女のテーマにもなっている「素直」(槇原敬之)、体の奥底からエネルギーが湧き上がってくるような生命力を感じた「永遠」(ZARD)と、思い入れの強い曲たちを音が空中に消えて無くなる最後の最後まで丁寧に歌い上げ、親密な空間だからこその細かい表現の細部まで味わうことができた。

MCでは、来年で15周年を迎える音楽活動について、「やりたいことをもっともっと明確にして、突き詰めて、具現化していきたい」と意気込みを語った。そして、中盤のブロックでは、瞳を閉じながら「3月9日」(レミオロメン)を切々と歌い、現時点での最新シングル「野性の同盟」のアコースティクバージョンも披露。オリジナルではストリングスも入った壮大なサウンドになっているが、この日は、吐息交じりのアクセントも含め、声だけでスケールを広げていくヴォーカル力を見せた。続く、「サヨナラ」(GAO)は彼女が小学校5年生の時にファンレターを書いてしまうくらい大好きだったシンガーソングライターGAOのヒット曲で、思い入れの強さからか、マイクを両手で持って歌い出だすシーンが印象に残った。

ここで彼女は、「ずっとビルボードでライブがしたかったので、今回、ここで歌うことができて幸せです」と話し、「小編成でやるとより一層、一字一句に奥深さを感じるし、感情移入しやすいと思います。できれば来年も、物理的にも、心理的にもお客さんと近い距離でやりたい」と続けた。次のライブが決まっているわけではないが、さらに「カバーさせていただいたことでより一層、歌うことに対して責任を持つようになったし、お芝居を重ねていることもあって、歌にどれだけの表情をつけて、感情を乗せて、みんなに届けることができるのかを真摯に考えているので、そういう場ができたらいい。歌の活動も、お芝居の活動も、いいタイミングで、自分のできる範囲で、真心を込めて向き合って、きちんとした形で発表できたらと思っています。これからも応援よろしくお願いいたします」と意気込みを語った。

そして、アカペラで歌いだした「テルーの唄」(手嶌葵)では少女のように純粋な一面を見せ、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』の主題歌として今年の5月にリリースされた「永遠のAstraea」、そしてドラマ「ガリレオ」の主題歌「最愛」と、オリジナルのコラボ楽曲を続けて披露し、「本当に歌が好きだなと思います。もっともっと磨いていかないといけない部分もあるけど、気持ちを込めることは絶対に負けない」と、歌に対する情熱を実感を込めて伝えた。続けて、ピアノが弾むポップナンバー「夢の外へ」(星野源)を歌い始めると、ステージ後方の幕が開き、イルミネーションが照らされた通りの風景が広がった。演出らしい演出といえばこれだけだが、彼女の歌を聴きながら、1枚の窓で区切られた外の世界を見ることで、夢のような世界から現実への緩やかな帰還を感じた人も多かっただろうし、ここではないどこか別の世界へと思いを馳せた人もいたのではないかと思う。最後に、観客に向けて笑顔で手を振りながら、「また会いましょう。みなさん、またきてくださいね」と再会の約束をし、充実した表情でステージを後にした。

(ライター・永堀アツオ)

「Ko Shibasaki billboard Acoustic Night」セットリスト

1「白いカイト」

2「ただ泣きたくなるの」

3「素直」

4「永遠」

5「3月9日」

6「野性の同盟」

7「サヨナラ」

8「テルーの唄」

9「永遠のAstraea」

10「最愛」

11「夢の外へ」

柴咲コウ「2017年NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』初回完成試写会」登壇!

柴咲コウが主演を務める2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の初回完成試写会が、12/5(月)同局内で行われた。

柴咲演じる直虎は曾祖父の代から戦に負け続け、とうとう後を継ぐべき男子が皆失われてしまった遠江(とおとうみ)の井伊家のお家断絶を目前にした絶体絶命の危機に、井伊家を背負って立ち上がった一人娘。「直虎」と名乗って城主となり、その後の井伊家の発展の礎を気づいた女城主である。

第一回「井伊谷の少女」は後に井伊直虎という勇ましい男名で戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわが描かれている。

初回完成披露試写会後、登場した柴咲は「皆さまに第一話を観ていただいたということで、放送間近なんだなという気がしています。私が主に出てくるのは五話くらいからで、一話~四話は直虎の幼少時代の子たちが活躍するのが主となるのですが、直虎という人物が世に知れ渡ってないですし、私自身もこの作品に携わるまでは知らなかった人物なので、バックグラウンドをきちんと描いて大人になってか直虎がどういう活躍をするのかというのを描いていけるのではないかと思っています。私自身は9月から撮影に入ったのですが、おとわちゃん(直虎の幼少時代)達の活躍ぶりを見ながら、こういう人物なんだなという礎を築いたうえで私の出番になったのでやりやすい形で撮影に入らせていただきました。どうぞご期待ください。」と挨拶した。

実際に第一回を観た感想を聞かれると「ひと言で言うとみずみずしいなと思いました。井伊の国は水が豊かな国だということで、そういった雰囲気もちゃんと描けているような気がしました。割合でセットがどうしても多くなりますけど、そういった雰囲気を感じさせない清らかさを感じました。どこを切り取っても快活でその年齢の子が演じているというようには見えない、本当に一人の少女が生き生きと生きているなという感じでした。」と語った。

ポイントの一つとなる直虎と4人の男について「直親と政次とは、性別を超えたものがあるなと思います。たまたまそこに産まれて育った子たちなのだけれども、何か通ずるものがあって分かち合うものがあって、また一緒に成長していく過程でつくり上げていくんだなと撮影を通じて感じました。頭で考えて説明するよりは実際そうやって生活していったんだなという空気感を持っていた。ロケの最中も一緒にご飯行こうと皆で和気あいあいとされていたのでそれは場面にできるかなと思います。」と見どころを話した。

『直虎』を掴んだ瞬間は「わりと初めからしっくりきていた気がします。1話目の象徴的なワンシーンで『いざ』というところがあるのですがひと言でこれからを予期させるような感じだったので難しいなと思っていたのですが、それからコンスタントに次郎法師も直虎も混ぜながら撮影が進んでいるのですが、扮装テストをしたときも何の違和感もなく『ああ、こういう感じなんだな』と自分の想像してたものとそんなにかけ離れていなくてかつらをかぶった瞬間から、なんかいいなと尼削ぎスタイルがしっくりきていました。」と話した。

また、予告編で滝行に打たれるシーンが流れるが撮影を振り返って「滝行はまたしたいです。ちょっと病みつきになるかもしれないです。最初は早朝からスタンバイしての撮影だったので、時期的にはまだそんなでもなかったのですが意外と寒くて大変だったのですが、いざ滝に打たれてみると『撮影だ』とかはどこかにいってしまって私は般若心経を唱えるんだという一心でいました。こういうのが修行なんだと、目の前に起こることだけを見据えてそれ以外のことを排除するという集中力を使うんだなと思いました。でも一回やったくらいだと人間は忘れてしまう部分もあるので、またプライベートで修行に行こうかと思います。」と話し会場からは驚きの声があがった。

2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」にぜひご期待ください。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」※2017年1月8日(日)スタート

【主演】柴咲コウ

【放送日時】毎週日曜日20:00~ ※初回60分拡大版

【番組HP】http://www.nhk.or.jp/naotora/

「Ko Shibasaki billboard Acoustic Night」

メンバー:柴咲コウ(vo) 伊澤一葉(key) 若森さちこ(perc)
※メンバーは急遽変更になる場合があります。

【ビルボードライブ東京】
12/04(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30

サービスエリア¥8,900-
カジュアルエリア¥7,400-(1ドリンク付き)

※一般予約受付開始 11/17(木)

 [ご予約・お問い合せ] ビルボードライブ東京 03-3405-1133
[平日]11:00~22:00 [土]11:00~21:00 [日祝]11:00~20:00
(特別営業時間の場合~21:00) [平日・土休演日]11:00~19:00 [定休日]不定休
〒107-0052
東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F


【ビルボードライブ大阪】
12/11(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30

サービスエリア¥8,900-
カジュアルエリア¥7,900-(1ドリンク付き)

※一般予約受付開始 11/17(木)

 [ご予約・お問い合せ] ビルボードライブ大阪 06-6342-7722
[平日]11:00~22:00 [土祝平日特別営業時間]11:00~20:00 [平日休演日]11:00~19:00
[定休日]日曜 (ただし公演がある日は11:00~20:00で営業)
〒530-0001
大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2

【猫幸組】動画UPのお知らせ!

【special】に『「BVLGARI AVRORA AWARDS」授賞式ゴールデンカーペットセレモニー』をUPしました!

会員の方はこちら▼

http://koshibasaki.com/

※動画は猫幸組にログイン後、ご覧いただけます。

※PC・スマートフォンからご覧ください。

猫幸組へご入会はこちら▼

http://koshibasaki.com/fanclub/

「Ko Shibasaki billboard Acoustic Night」グッズ販売情報!

【ビルボードライブ東京】

12/04(日)

1stステージ 15:30開場後

2ndステージ 18:30開場後

 

【ビルボードライブ大阪】

12/11(日)

1stステージ 15:30開場後

2ndステージ 18:30開場後

 

【グッズラインナップ】

トートバッグ ¥1,600(税込)

デイリーポーチ ¥980(税込)

カフェタンブラー ¥1400(税込)

クリアファイル ¥350(税込)

※全部セット ¥4300(税込)

 

【注意事項】

※先行販売はございません。

※グッズはチケットをお持ちの方のみご購入いただけます。

※1人1会計につき、1アイテム3つまで購入可能です。ポーチのみ1人1つまで購入可能です。

※お支払は現金、カードがご利用いただけます。

※すべての商品は、数に限りがございます。無くなり次第終了となりますので、あらかじめご了承ください。

【猫幸組】 冬季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、冬季休業につき、

下記期間中はお 電話・メールでのお問い合わせ対応業務をお休みさせていただきます。

【猫幸組 冬季休業期間】

2016年12月28日(水)~2017年1月5日(木)

※2017年1月6日(金)より通常営業となります。

上記期間中も メールフォームからのお問い合わせは受付いたしております。

休業期間中にい ただきましたお問い合わせにつきましては、

2017年1月6日(金)以降に順次ご返信させていただきますが、

お時間を頂戴する場合もございますので、予めご了承ください。

ご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

柴咲コウ「BVLGARI AVRORA AWARDS」授賞式ゴールデンカーペットセレモニーに登場!


柴咲コウが「BVLGARI AVRORA AWARDS」を受賞し、11/29(火)に行われた授賞式に参加。ゴールデンレットカーペットセレモニーに登場した。

「BVLGARI AVRORA AWARDS」では、文化、芸能、芸術、政治、経済、医学、社会貢献、スポーツなど様々な分野から比類なき才能と創造力に輝く「Inspiring Woman~創造力と知性そして才能に満ち溢れ、多くの人々にインスピレーションを与える女性~」を、ブルガリのローマ本店が位置するコンデット通り10番地に因んで10名を選出し、各分野で輝かしい功績を築かれた10名の推薦者と共に賞賛のスポットライトをあてるアワードを授与された。また受賞者の発表、ならびにインスピレーションに溢れる推薦者とのストーリーは、ハースト婦人画報社の雑誌「25ans」「Richesse」で紹介された。

柴咲は推薦者の写真家・繰上和美さんとゴールデンカーペットを歩き、白い着物で登場。着物を選んでポイントについて「今日は、着物の気分でした。こういう輝かしい賞ですし、ゴールデンカーペットを歩かせて頂けるということで、私の思う相応しい正装をさせて頂きました。」と話した。

推薦者の繰上さんについては「繰上さんにはいつもきっかけや言葉を教えてもらっているんですが、写真家として心の中を見透かされているようで、ウソをつけないなと思って、カメラの前に立たせて頂いています。」と語った。

またこの日つけていた「ディーヴァ ドリーム」のイヤリングのポイントについて聞かれると「ショートにしたので、耳元にポイントを置いて選んでみました。」と答えた。

受賞コメントなどは「BVLGARI AVRORA AWARDS」サイトでもご覧頂けますので、合わせてご覧下さい。

「BVLGARI AVRORA AWARDS」公式サイト

http://sp.25ans.jp/avrora/interview/

柴咲コウ「大河ドラマ主演 バトンタッチセレモニー」出席!


来月18日に最終回を迎える2016年大河ドラマ第55作『真田丸』から、柴咲コウが主演を務める来年1月8日放送開始の第56作『おんな城主 直虎』へのバトンタッチセレモニーが11月25日NHK局内にて行われた。

好奇心にあふれ冒険を好み、戦国の世を駆け抜けた伝説の武将・真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんから、自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた井伊直虎を演じる柴咲へ、伝統の大河ドラマ主演のバトンが引き継がれた。

柴咲は「バトンを引き継いでこれから視聴者の皆さまに見ていただけるんだなという思いが込み上げてきて、ますます身の引き締まる思いです。」と挨拶した。

セレモニーではドラマゆかりの地にちなんだ品をお互いに贈られた。堺さんからは真田幸村が14年間の幽閉生活を送った和歌山県紀州・九度山特産の柿が「よすぐりの柿。ビタミンを取って頑張ってください。」という言葉と共に柴咲に贈られ、柴咲は静岡県浜松で子どもの誕生を祝う「初凧」が伝統となっているということで『真田丸』と書かれた「浜松の凧」を堺さんに贈った。

プレゼントの柿を受け取った柴咲は「すごく立派な柿です。本物?っていうくらいつるつるしている。」と感激した様子で語った。

長期の撮影について堺さんに「土日はお休みできますか?気分転換はどういうことをしましたか?」と柴咲が尋ねると「休めましたよ。気分転換はしなかったですね。集中もせずわりとダラダラとしていた。撮影は日常生活でしたと。」と返答をもらった。

しかし、大河ドラマ撮影中はあまり友だちにも会わなかったという堺さんに、柴咲も「わたしもすでにそういう感じです。」と不安を覗かせると「1年は不義理をするということで、友達に待ってもらってください。」とアドバイスを受けた。

ドラマでは戦国時代が描かれているが、柴咲は戦国時代の面白さを「陣地の取り合い合戦というところも面白いと思いますし、戦国ならではの知恵をしぼって団結していって、いかに難題を切り抜け、発展していくところが魅力だと思います。」と話した。

どのような物語を紡いでいきたいという質問には「真田家は非常に有名でいろんな方が知っていますが、私が演じる井伊直虎は浜松でロケをした時に直虎という人物のことはあまり知らなかったという住民の方もいらっしゃるくらいなので、真田さんのようにいろんな人に認知してもらえるいい機会だなと思っています。」と意気込みを語った。

女城主である直虎を演じることについて「私も女性ですので、この役を頂いたときに現在は戦国時代とは全く違って多様化している時代であり、女性の社会進出というのも言われていて実現されている時かなと思いますが、多様化と言われている中でもやはりずっと残っている習慣的なものだったり、思い込みだったり先入観に阻まれて苦しい思いをしている人もいたりなかなか自分の思い通りに仕事ができない人もいたり、両立しないといけない環境とか家庭の問題とか様々な思いを抱えながら頑張って生きている女性が多いなと感じます。そういった人の励みになれたらと思いますし、直虎の豪快なやり口だったりやり取りで気持ちよく一週間の最初を迎えてもらえるように、また次の週がんばろうって思ってもらえたらいいなと思います。」と話した。

最後に「井伊直政さんだったり、直弼さんという井伊家の中でも有名な方たちだと思うのですが、そういった盛栄までにどういったやり取りがあったか、どうしてこの小国が残って行ったかという礎を築いた人物ではあると思います。勢力の強い国ではないけれども、そういった人々がどういう風に生き残っていったのかというところが丁寧に描いていけたらいいなと思います。(普段は)衣装の尼さんの恰好をすることもないのですが今はもうずいぶん着慣れてきてほっとするモノトーンのかっこいい恰好だなと思っています。全うして直虎という城主に繋げていければなと思っています。」と想いを語った。

2017年1月8日より放送開始の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にぜひご期待ください。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」

【主演】柴咲コウ

【放送日時】毎週日曜日20:00~ ※2017年1月8日(日)スタート

【番組HP】http://www.nhk.or.jp/naotora/

大河ドラマ「おんな城主 直虎」ビジュアル公開

2017年1月8日にスタートする柴咲コウ主演 大河ドラマ「おんな城主 直虎」ポスタービジュアルが公開された。

 

ポスターのコンセプトは“戦う花”で、パルコの広告などを手がけてきた古屋遙さんが担当。

古屋さんは同ドラマのタイトル映像も手がけ、ポスターと同様に“戦う花”がコンセプトになる。

また、ドラマの音楽を作曲家の菅野よう子が担当することも発表された。

 

『おんな城主 直虎』は戦国の世に「直虎」という勇ましい男名を名乗って立ち向かった一人の女の激動の生涯を描く物語。

 

2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」にぜひご期待ください。

【猫幸組】動画UPのお知らせ!

【special】に『ABC創立65周年記念スペシャルドラマ「氷の轍」制作発表記者会見&完成披露試写会』をUPしました!

会員の方はこちら▼

http://koshibasaki.com/

※動画は猫幸組にログイン後、ご覧いただけます。

※PC・スマートフォンからご覧ください。

猫幸組へご入会はこちら▼

http://koshibasaki.com/fanclub/

  • twitter
  • instagram

Les Trois Graces inc. All rights researved.